セックスの余韻にひたることができるのだ

デリヘル業者のある女性の写真を見せてくれたれを見る

彼女がヨガる姿に男のモノが奮い立って、彼女の中で更に膨張をし、彼女の密壷が隙間なく埋め尽くされて、お腹の中で彼のモノが暴れると、彼の動きに合わせて、体の芯から脳天に電気が駆け上るんで理屈抜きに、す。そして電気が駆け上がると、体の筋肉がけいれんをはじめて、彼のモノを更に締め付けます。二人はお互いの悦びに感応し合って更に悦びを相手に与え合い続けます...。と言うように、理性が外れるほどに感じるとセックスは、ただ性器の結合ですむことではなくなっていきます。
ああ、ここでこんなこと書くのは違いますが、不感症の人の中には心のブレーキを外せば、セックスの質が劇的に変わってしまう女性も少なくないと言うことは知っていても良いかな?と思います。ただ、今これを読んでいる女性に言いますね。上に書いたようなセックスが、今できないことを嘆かないで下さい。多分、世の中の女性の90パーセントはそんなセックスはしていません。不感症で悩んでいない女性であってもですよ。

思い込みを外せば、もっと感じられる

まずは、セックスや愛撫で心地よさを感じられるようになりましょう。そのためには、セックスや性器を触ることへの罪悪感や不浄感があるのであればそれを解消することです。また、セックスに対して不安や恐怖を感じてしまう場合も、それを取り除くことです。
ただ、こう言う思い込みはほとんどの人が程度の差こそあれ持っているもの。大抵の思い込みや刷り込みは、新しいことを学び、経験を積んでいく中で書き換えられていくものです。特にセックスについて言えば、その強烈な快感に目が覚めて、それまでの思い込みがリセットされてしまったり、その時の精神状況によっては、中毒的にその感覚に依存くらいの人は大人になるとセックスを普通に受け入れて楽しめるはずなんです。するようになってしまう人もいますから、半分もし、あなたのご両親がとてもまじめであったり、厳しい人であるなら、その刷り込みはなかなか消えないかも知れません。特に、宗教的背景が強い場合は、神の教えに背くという恐れが心を支配していますから、快楽に身を委ねることが難しくなります。
多分そんな人もこの本は読んでいないかな。もし、そう言う幼い頃からの刷り込みが強く影響しているかも?と思われる場合は、そう言う思い込みから自分を解放しなければなりません。それはセックスを楽しめないだけのことではなく、対人関係や仕事の面でも窮屈な思いをさせていることがあるからです。催眠療法士やカウンセラー、セラビストに相談してみるのが良いでしょう。病気ではないので、精神科医にかかってもしょうがありません。

自分でできる思い込み克服

自分にそう言う思い込みがあるからセックスで気持ち良いと素直に思えないんだと気付いたのであれば、自分でその思い込みを変えていくこともある程度はできるものです。自己啓発と呼ばれる分野の本を探すと、古い自分を捨てようとか本当の自分と出会いましょうとか、そう言う文句が載っている本があります。それらは、今まで自分をがんじがらめに縛ってきた、思い込みを解放して、ありのまま、感じるままに生きていくことを推奨しています。詳しいことはそう言う本を読んでみて下さい。ちょっと怪しい内容が多いですが、心理学的な理論で分かり易く書いてくれているものもあります。
ヴァギナを傷つけます風俗では視界を塞ぐことで普段は聴覚また、スピリチュアルな書籍の中にもセクシュアリティに触れて、セックスの快楽について肯定的な意見を述べている本や、快楽を受け止められるようにを書いている本もあります。なることで、本当の自分と向き合えるようなニュアンスのこと
そう言う本には、セックスに対する思い込みを解放したり、楽しめそうなものがあれば試してみて下さい。ありのままに快楽を受け止めるための膜想や、ワーク体操やイメージングを紹介しているものもあります。結構、効果はあります。なぜなら、膜想やワークは脳を活性化させて、体の隅々までの感覚を奮い立たせる働きがあります。また、体を自分の意志でコントロールしやすくなるので、セックスと聞いて体のどこかに緊張が入ってしまうような人には、リラックスをしてより感じやすい状態になることができます。そして、自分の古い殻を破るイメージを作ることで、セックスに対する新しい受け止め方もできあがっていきます。

今感じている気持ち良さを受け入れていく

自己啓発本などを読まなくても、今感じている感覚そこから沸き上がる感情を分けて見ることができるようになると、思い込みの足柳から逃れられることもあります。
「彼に愛撫をされていて気持ち良い→快楽に耽る私は卑しい存在」てくると、性自分で押さえ込んでしまいます。みたい1分を責めよが決それでも、イッちゃえる女性もいますが、大抵はイクことを拒否してしまう。
で、彼ががっかりしていて、自分もそれが悪いと感じているのに、何故かそれ以上感じてしまうことが怖かったり、罪悪感になってしまったり.「この気持ちは、自分の本当の気持ちじゃなくて、過去の刷り込みで自動的に沸き上がってくるだけなんじゃない?」そう思うことが、このタイプの不感症の自力改善の第一歩です。そして、自動的に沸き上がってくる感情が、実はただの思い込み心の脱皮ですね。だったと心の底から思えるようになると、その感情を手放せるようになります。

彼氏の協力があれば怖くない?

彼氏とのセックスの中で勇気を出して、その恐怖がただの思い込みだったことを確かめていっても良いです。。
「怖い·.·でも、これは本当の私の気持ちじゃないかも知れない。じゃあ、勇気を出してその先を体験してみたらどうなんだろう?」そう思えれば、後は彼氏の励ましと支えがあれば、少しずつ克服できるかもしれません。こう言うのは理屈で説得しても無理なんです。ただ、
彼が怒っても無理。
強引にイカせようとするのも、二重に恐怖が増すだけで逆効果。体験の中で、「あ、実は怖くなかったんだ、と、分かるしかありません。汚くなかったんだ」リハビリみたいなものです。少しずつ、勇気を持って快楽の世界へと足を踏み入れて行くんです。彼氏にしがみついて、恐怖や罪の意識や汚いと言う思いを振り払っていきましょう。当然ですが、そのために重要なのは彼氏が、あなたのことを理解していることです。彼氏が慌てて勇み足をしてしまえば、せっかく振り絞ったあなたの勇気もついていけずにしぼんでしまいます。くりと一歩ずつ、何があっても大好きな彼がついてそのことを信頼していけば、古い思い込みから解放されることはてくれる。できるかもしれません。2過去のトラウマの多くは、先の思い込みと言うか、刷り込まれた意識が原因と言っても良いかも知れません。自称不感症だって感じて良いんだよって、信頼したい男に言われて、優しく愛撫されていると大抵は、その男の愛撫無をもっと求めたくなるものですから。
信頼したい男と一緒だから、ブロックの先に進む勇気が持てると言うことです。これ、性感マッサージのお客様にも結構言えます。ばれたら彼に何と言われるか分からない状況で、それでもセックスで感じたいと言う気持ちできているのですから、も知れません。ブロックの先に進む勇気は持ち合わせていますし、プロに任せるということでの安心感も十分なのか一回の施術ですっきりと普通の女性のように感じたり、イケたりしない女性もいます。体が鈍感なのか、それでも、別の問題なのか·..。その場合は、まだまだ私の技術が甘いのか、
とりあえず、技術についてはおいておき、他の要素で考えるのが過去のトラウマなんです。いわゆる心の傷です。

  • 下着の中に滑り込ませる
  • ペニスは皮下の静脈
  • 女子高生風俗嬢の制服なんかはブラウス下半身の方が敏感になっているのを密かに感じてしまい

体調不良でお休みす

さっきお話ししていたセックスに対する思い込みと同じように心の奥底に根付いて、セックスをすること自体を怖く感じたり、感じることを拒絶したりしてしまいます。思い込みと違うのは、思い込みは価値観のようなものですから、その価値観を否定するような体験をしたり、けて幸せになれるものです。
自分でその価値観に息苦しさを感じていると自覚できれば、克服できたり、それなりに折り合いをつそれに対して、過去のトラウマは強い苦痛や恐怖を伴う体験が記憶として残り続けることで、そのことを連想させることをしたり、思うと、過去の苦痛や恐怖感が蘇ってきます。また、ひどい裏切りやいじめなどを受けたときの心の苦しみが、人に自分のことを委ねられなくなるような心の傷として残ったりもします。単純にその時の苦痛が蘇るだけなら分かり易いのですが、その時の体験をした自分を「でしまうようになっていたりもします。既に汚れてしまったモノ」
「もはや人に大切に扱われてはいけないモノ」幸せを感じてはいけないモノと言うように、思い込ん苦しいから幸せになりたいと思っているのに、いつも心のどこかで「自分は幸せになれない、なる資格がない」と唱えているのです。そのために、セックス自体を恐怖の対象として避ける女性もいますし、セックスに至っても忌まわしい過去とつながっている行為に感じる自分が許せなくなり、感じることを脳が拒んでしまったり、イクことを許さないのです。中には、反動でセックス依存のような行動をとる女性もいるでしょう。
そう心の声が響いてくると自分の価値を求めて、彼に執勘にセックスを求めたり、多くの男に抱かれることで、その間だけ自分に価値があったてくるような.ように感じて安心をするのですが、ふと素に戻るとまた、不安が襲っこの様なセックスの時には、感じてはいても、気持ち良いと叫んではいても、満満たされていないために幸せとは言えません。
心の不感症状態です。そして、気持ち良さを感じていないのに、男が自分にセックスを求めてくると言う事実にすがって、セックスを繰り返すような女性もいます。もし、過去に性的な悪戯をされて怖い思いや、痛くて我慢できなかった体験があるなら、先ずはその心の傷を癒すことです。少なくとも、その過去の出来事に対して思い出すごとに、強い感情が体を支配することがないように、感情と記憶を切り放すことが必要です。それは催眠療法で記憶を書き換えることでもできるかも知れませんし、カウンセリングで自分の過去と向き合う中で、乗り越えていくというやり方もあります。
亀頭に向かって螺旋
また、EFT(ツボのようなモノをタッピングして感情のエネルギーの流れをコントロールして苦痛を取り除く療法)などで苦しみのレベルを改善することもできることがあります。
私の所に不感症で相談に来られた女性には、過去のトラウマがあると分かった場合には、そのような自分を受け入れられるように、EFTの施術を行って、過去の体験への感情的な反応レベルを下げてから、サージをするようにしています。性感マッ
たかが、ちょんちょんとタッピングするだけで?と思われる方も多いのですが、意外と感じ方に変化が出たり、触れ合いへの安心感が得られるようになったりと言う効果が出ている女性も少なくありません。
一人でもできる方法ですので、試してみて下さい。これはトラウマの改善だけではなく、他の原因に対してもある程度の効果は期待できると思います。私が他にしている整体の仕事でも、メンタルなようが絡んでいる不調については、最後の仕上げに入れると、それだけで腕が上がるようになったり、首が回るようになったりすることがありますから、理屈はともかくおためし下さい。書籍もたくさん出ていますが、インターネットで簡単なやり方が見つかりますので、興味があればEFT療法で検索してみて下さいね。それから、過去の忌まわしい体験から受けた心の傷を癒しても、自分に貼ってしまった「自分には幸せになる資格も価値もない」
と言うレッテルも、剥がしてしまいましょう。このレッテルは、そのような体験からだけ貼るようになるものではなく、小さいときから繰り返し親や周りの人から言われていても、そのように思い込んでしまっていることもあります。それ自体も、セックスで感じる自分を認めない、好きな人に抱かれてイッてしまう自分を認めないと言う歪んだ心を作っていることがあります。
「自分は幸せになっても良いし、その資格がある」と自分を認めてあげる必要があります。
これは、過去に人に言えない体験をしているだけでなく、容姿に自信がなくても、能力に自信がなくても、友達に一人として認められていなくても、家柄が悪くてもです。自分に関する条件が全て最悪だと思っていても、「幸せになること、気持ち良くなること」無意識のうちに自分でそれを手放してはいけませんよ。についての権利はみんな持っているのです。トラウマに関しては、二重に心のブロックがかかっていることがあります。両方とも解除することを忘れないで下さいね。また、過去の忌まわしい記憶については、あまりにも強烈すぎて記憶障害のようになって、現実のこととして思い出せないこともあります。基本的にはそれと向き合い、記憶と感情の整理ができなければ、そのトラウマを完全には治すことはできないものですが、素人が生兵法でそれを引っぱり出すことは、大きな混乱を起こしたり、すこともあります。
風俗の魅力にハマってしまい通常

風俗の世界は得体

人格に障害を引き起こ何かありそうでも、思い出せない場合は、表に出ている自分への評価を修正したり、得体の知れない不安感の軽減だけで、その状態で得られる安心感、心地よさで折り合いをつけることを考えましょう。そのことに理解を示してくれる彼であれば、少なくとも安心感をセックスで得られるようにはなりますよ。あなたのことを知っていても、イカせること、感じさせることを追求する男では、独りよがりな態度、欲望先行の態度が、逆に過去の記憶が頭をよぎるだけです。
いくら好きな相手でも、セックスの時の相性は良くありませんし、毎日夜を迎えることが愛機に感じるようになれば、いつか彼への思いも消えてしますでしょう。もし、彼がその恐怖をも乗り越える勇気を与えてくれるような大きな愛を渡してくれるなら、完全なトラウマの解消はなくても、彼の腕の中で安心してその身を委ね、快楽に溺れる自分を許すことがも知れません。できる日が来るか
よほどの信頼関係がなければ、今どきの男性には期待薄かもしれませんね·..ただ、そこまではいけません。3心の病セックスの問題を抱えている女性の中には、心の問題が絡んでいる女性は少なくないかも知れません。この本を読まれている女性の中にも、じゃないかと感じる症状があったり、実際にで苦しまれているかも知れません。
イケない、感じない、触られたくないとなるのは、トラウマ思い込みが原因のことがあると言いましたが、それらは心のバランスが崩れて、正常に肉体への刺激を受け止められない状態であり、れらも心の病であると言えます。実際、そこからセックスに関することがが元で精神的に追い込まれてになってしまった女性もいるでしょう。ある意味こでも、ここではトラウマから派生した心の問題は横に置いておきます。一緒にするとややこしいですから。また、トラウマや思い込みは、それ自体が解放されれば、心のバランスは元に戻り始めることがほとんどです。
ですので、ここではそれまでは普通に彼とのセックスを楽しんでいたのに、だんだんと楽しみが感じられなくなって、気持ち良いのかどうかも分からないようにになってしまうようなケースを取り上げます。これは、私自身が体験したことのある話です。あ、私がセックスを楽しめなくなったというのではないですよ。
男の中には、早漏を指摘されたり、あまりにも下手なことを笑われて自信喪失をして勃たなくなってしまったり、普通のセックスができなくなってしまって、やや変態気味の趣味に流れてしまう輩もいます。幸い私は自分の早漏は自覚していたので、それを指摘されてもあまり堪えることはありませんでした。逆にどれだけおねだりされても、挿入するだけで良いと言われるまでねちっこく奉仕させていただきます。そのおかげで性感マッサージ師でも通用しているのかも知れません汗話を戻しますと、実は私の彼女がになったことがあるのです。私が彼女の不感症を責めたりしたのではありませんよ。
風俗の魅力にハマってしまい通常

風俗の魅力にハマってしまい通常

それまでは、相手のセックスに不満を言うこともなく、十分にお互いに幸せなセックスライフを送っていたつもりです。ただ、彼女が人生の岐路に立たされたときに、私が彼女の心の負担を支えることができなかったのでしょう。徐々に彼女の表情に元気がなくなっていき、セックスを彼女から求めることが減っていきました。そして、私からの求めにも堪えられない日が増えてきました。セックスを拒否し、普通のスキンシップまでも制限されるようになるまでに3カ月くらいだったと思います。

完全に拒否されるようになったとき、正直言って、その時の彼女の変化が私にはなかなか受け入れられませんでした。それまでは疲れているんだろうと、思いやりの気持ちで自分の欲求を抑えることもできていたのですが、「全然したくないし、だった私は、彼女を非難しました。触られるのもしんどい」と言われたときには、女性の心の状態とセックスの関係に無知半ば無理矢理にセックスを受け入れさせてはみたものの、その時の彼女は精神的には味わうこともなく目を閉じてしまいました。さっさと義務を果たしたら、自分の世界に閉じこもりたかったのかも知れません。セックスは負担でしかなく、肉体的にも自己防衛のために濡れるだけで、悦びの表情を浮かべるわけもなく、私が果てた後、余韻をもしかすると、あなたが今まさにそう言うセックスをしているのかもしれませんね。
その時はただ、私も彼女のその態度に寂しさを覚え、優しくしてもらえないことに苛立ちを感じていました。しかしその後、彼女にかもしれないことを聞かされ、一緒に精神科に受診に行くことになりました。は患者一人でどうにかできるものではないからです。必ず、一番近い人がその苦しみを理解して寄り添い続けることが、快方に向かうためには必要です。その時の彼女に一番近い人間が同棲をしていた私でした。それからは半分禁欲生活のような日々でしたが、彼女の心の負担を減らし、心のエネルギー貯めていくためには、私の我を彼女に押しつけることを控え、さり気なくいつも笑顔で一緒にいるようにしました。すると、ときどき元気が戻ってくるときがあります。そんなときは手をつないで歩いたり、優しく抱擁をしたりして、過ごしたりもします。ゆとりがあるときには性的な部分へのタッチも嫌がることはありませんでした。二、三ヶ月に一度はセックスまで至ることもありましたが、できる限り無理強いをしない形でセックスに至る場合は、一番辛そうな時期に比べれば、悦びを感じているように見えました。


ヴァギナを傷つけます風俗では視界を塞ぐことで普段は聴覚 風俗嬢よりも朗らかで快活 セックスの余韻にひたることができるのだ